ABOUT US

AWARDS

PUBLICATION

CONTACT

WORKS

TOP

信頼感と透明感

スタイリッシュなオフィスデザインは信頼感、透明感の中に温かみのある印象を与えます。
金融事業や無形商材を扱っている会社は、特に信頼感が重要なため、スタイリッシュなオフィスデザインにしてみてはいかがでしょうか。
スタイリッシュなオフィスデザインにするためには、エントランスからこだわりましょう。
たとえば、エレベーターを降りるとエントランスから各会議室や共有スペースが見えるようにガラス張りにして、奥行き感を演出させます。
また、ガラス面の淵に間接照明を埋め込み、家具の色も温かみのある暖色を選ぶことで、柔らかい印象にもなるでしょう。
そのため、初めて来客するお客様でも「来客したくなる」オフィスデザインになります。
また、色合いも重要なポイントです。
黒、赤、木目を基調にしたデザインは、シンプルでエッジの効いた空間に仕上がります。
ペンダントライトやユニバーサルダウンライトで独特な雰囲気を演出し、格好良さの中に深みと遊び心のある空間を演出できるでしょう。

店舗デザインにも環境への配慮を

スタイリッシュなデザイン

スタイリッシュの中にも高級感を出したいときは、青と白を基調としたデザインにすることで信頼感と安心感がある落ち着いた空間ができます。
またLEDライトでも、スタイリッシュな雰囲気作りが可能です。
勢いや先進性、光沢感をLEDライトで表現し、ワークスペースにもペンダントライトを取り入れることによって、空間にアクセントをつけることができます。
床にもこだわりを持ち、青と薄い茶色の色合いのデザインにすることで、広いフロアの印象を与えることもできるでしょう。
どのスペースも同じデザインの床にするのではなく、リフレッシュスペースなどはゾーンを視認しやすくするためのデザインを取り入れてみるのもお勧めです。
スタイリッシュなオフィスはおしゃれですが、その企業のイメージとマッチしていなければ違和感を与えてしまう可能性があります。
業種や企業によって、イメージやコンセプトは異なりますので、しっかりその企業のイメージを持つことが大切です。

環境に配慮した店舗デザインとは