ABOUT US

AWARDS

PUBLICATION

CONTACT

WORKS

TOP

IT企業のオフィスデザイン

ITという言葉が浸透した昨今ですが、現在でもさまざまなIT企業が躍進を続けており、新たに誕生した気鋭のIT企業もたくさん存在しています。
これまでにない新たなサービスの創出を続けているIT企業もありますし、今後さらにIT企業の数は増えていくと予想できます。
そんなIT企業の先進性を、オフィスのデザインを通じて表現する例はもはや当たり前になりました。
実際に、IT関連企業の中にはユニークなコンセプトのオフィスデザインを採用している企業が多々見受けられるものです。
あえて社長室を作らないというオフィスデザインを採用するなど、仕事の効率アップをメインコンセプトに、従来の価値観にとらわれないデザインを採用している企業もあります。
企業によって掲げるコンセプトは様々ですが、効率アップや職場の風通しを良くするといったコンセプトのオフィスデザインは、今後も同業界に浸透していきそうな予感がします。

店舗デザインにも環境への配慮を

レクリエーション重視のデザイン

効率ばかりを追求するのではなく、レクリエーションという部分にも注目した空間づくりを進めているIT企業もあります。
レクリエーション重視の空間を形成することによって、社員間のコミュニケーションを円滑化し、モチベーションの維持向上につなげたり、楽しく働ける環境にすることが大きな狙いでしょう。
効率を優先するのもそれはそれで結構なのですが、レクリエーション重視という視点は今後さらに増えてくるかもしれません。
オフィスワーカーの能力開発やモチベーション向上に関する研究がさらに進めば、オフィスデザインもいっそうの進化が期待できるでしょう。
効率アップにせよレクリエーション重視にせよ、企業コンセプトを個性的なオフィスデザインに反映させているのは、やはり先進性があるIT関連の企業が多いと言えます。
オフィスの作り方一つで仕事の効率が変わることは事実であり、多くのIT関連企業の経営者はそれを理解しているからこそ、職場の空間づくりという部分に強いこだわりを持っているのかもしれません。

環境に配慮した店舗デザインとは