ABOUT US

AWARDS

PUBLICATION

CONTACT

WORKS

TOP

集客に差がつく美容系サロンの店舗デザイン

質の良いサービスを提供してさえいれば集客は成功する、と考えるサービス業の経営者は少なくありませんが、現実にはそれだけでは不十分です。
特に美容系サロンでは、提供されるサービスの種類や品質、接客対応の良し悪しと同じくらい、店舗空間の雰囲気が集客を左右します。
美容系サロンにとって店舗デザインは集客のための重要な部分となるので、内装やエントランスのデザインにとりわけ力を入れるオーナーが少なくないのはうなずけます。
美容系サロンにやってくるお客さんは、ゴージャスで非日常な雰囲気を味わいたいと考えている人も多く、内装デザインには特に気を付けなくてはなりません。
また、店舗のエントランス部分のデザインに力を入れるのは当然と言えるでしょう。
内装やエントランスの店舗デザイン一つで集客に大きな差ができてしまうことは、すべての美容系サロンオーナーが知っておくべきことです。

店舗デザインにも環境への配慮を

ターゲットとコンセプトを明確に

美容系サロンで集客を意識した店舗デザインを実現するためには、ターゲットを明確にする必要があります。
ターゲットが若年層なのか、それとも熟年層なのか、オールマイティなのかによっても、店舗づくりのコンセプトは大きく変わってきますし、内装やエントランスのデザインもそれぞれにふさわしいものを考えなくてはなりません。
内装やエントランスの店舗デザインで、店のコンセプトがきちんと表現されているかどうかで集客に差がついてしまうことは、実際にあるのです。
美容系サロンのエントランス店舗デザインがあまりにもゴージャスすぎると、若いお客さんは入ってきにくいものですし、ポップ過ぎると年配層には支持されにくいでしょう。
集客を意識した店舗デザインを実現するならば、まずはターゲットとなる層をきちんと設定し、コンセプトを明確にしたデザインを行う必要があります。
美容系サロンオーナーは、ここをしっかり押さえた上で、集客力を高める店舗への改装を検討してみましょう。

環境に配慮した店舗デザインとは