ABOUT US

AWARDS

PUBLICATION

CONTACT

WORKS

TOP

最先端企業のオフィスモデル戦略について

最先端企業には、見習いたいモデルがたくさんありますが、それはオフィスデザインも同じです。
時代の最先端企業は、それがオフィスデザイン戦略にも生かされているのです。
最先端企業では、社員同士のコミュニケーションが強化できるようなマネジメント作りになっています。
社員同士の風通しが良いことで、積極的に社員同士の意見交換ができるため新しいアイディアも生まれやすい状況になります。
さまざまなアイディアがでて、話し合いをすることができるということは、仕事にも積極的に取り組む環境モデルが作られているのです。
社員が、モチベーションを高く持って仕事に取り組むことができます。
その結果、どんどん企業の経営はうまくいき、最先端企業といわれるようになります。

最先端企業のオフィスモデル戦略について

細やかなマネジメントが出来るモデル空間を

最先端企業では、人とのつながりを細やかにした空間になっています。
通常、オフィスというと机や、仕切りがあり、一人一人の空間を大切にしているところが多くあります。
フロアに仕切りがない空間にすることで、人と人とのつながりをマネジメントするオフィス戦略となっているのです。
会議室という空間があれば、そこで話し合いをするとなるとそれだけで身構えてしまう人もいるでしょう。
きちんとした会議用の机や椅子があるわけではなく、リビングのような癒しの空間でありながら話ができるような空間であれば、身構えることなくいろいろな意見を出し合って話し合いをすることができます。
さらに、外から見えやすいガラス張りの空間になっていると、圧迫感もないでしょう。
人を大切にしたマネジメントをオフィスのモデルデザインに生かすことができれば、仕事も捗り、楽しく仕事に打ち込むことができるのではないでしょうか。
最先端企業の中には、会議室でありながら個々にコンセプトを合わせた個性的な名前を付けて、会社全体をマネジメント戦略しているところもあります。

細やかなマネジメントが出来るモデル空間を

CONTENTS