ABOUT US

AWARDS

PUBLICATION

CONTACT

WORKS

TOP

Eコマース本部のオフィスデザインについて

Eコマース本部には、いろいろな情報が集約される拠点になるところです。
そのため、一般的なオフィスではブランドイメージがアップしません。
Eコマース本部として、ブランド力を高めていきたいのであれば、戦略的なオフィスデザインにしていきましょう。
多くの情報が集まってくるEコマース本部ですから、やはり洗練されたイメージがいいのではないでしょうか。
社内では、いろいろな話し合いも行われ、少しでも意見や情報交換が活性化できるように効果的な打ち合わせができる空間を配備することも必要でしょう。
だからといって重鎮なイメージになってしまうと、Eコマース本部らしくなくなってしまいます。
そのため、ポップで明るい感じのデザインにすれば、効果的な戦略になるのではないでしょうか。
来客者も多いので、エントランスから打ち合わせの部屋に行くまでの道のりもデザイン性が高いと、いろいろな情報が集約されてくる本部だけのことはあると感じてもらえるでしょう。

Eコマース本部のオフィスデザインについて

打ち合わせができる部屋も戦略的に考えて

社内の人や、社外の人など多くの人が訪れるEコマース本部では、色々な打ち合わせも行われるでしょう。
その際に使う部屋には、いろいろな戦略的な配慮があれば、効果的な打ち合わせができます。
オフィスに、片隅でも簡単な打ち合わせができるスペースを作り、きちんとした打ち合わせができる部屋では、壁に資料を映し出せるような機材を揃えるなどすることで、より効率的に打ち合わせを行うことができます。
機材から出てくるコードは、壁の中にあらかじめ収納することができ、雑然とした企業のイメージではなく、洗練されたおしゃれな空間を持つ企業イメージができあがります。
戦略的なオフィスデザインとなるでしょう。
またおしゃれで、洗練されたイメージや情報だけを前面に出すと相手に緊張感を与えてしまいます。
安心感を打ち出すとができるようになど、企業同士の信頼感アップにもつながります。

打ち合わせができる部屋も戦略的に考えて

CONTENTS