ABOUT US

AWARDS

PUBLICATION

CONTACT

WORKS

TOP

滞在時間と売り上げの関係

買い物に行った際に、買う予定ではなかったものを、つい買ってしまったという経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。
つい買ってしまうという行動は、売り上げの向上に繋がっており、お客様のお店の滞在時間は売り上げに比例すると言われています。
お店に長く滞在すればするほど、お客様の消費金額が増えるでしょう。
商品を手に取ったり、店内を回ったりすることで買い物のチャンスを増やし、売り上げの向上に繋げます。
そのため、お客様の滞在時間が長くなるような店舗デザインにすることで、売り上げを伸ばす大切なポイントになります。
これから店舗デザインを検討している方は、商品を手に取りやすく、長い時間居てしまうような滞在時間を考慮した店舗デザインにしましょう。

滞在時間と売り上げの関係

滞在時間を増やす店舗デザイン

滞在時間が長くなる店舗デザインは、お客様が退屈しないようなデザインを取り入れることが大切です。
飲食業や美容関係など、業種によって店舗デザインは異なります。
例えば、待ち時間が発生する飲食店では、あえて調理している姿が見えるような店舗デザインを取り入れることで、お客様を退屈させない、お客様の心を掴むような空間を表現することもひとつの方法でしょう。
また、美容室では座っている時間が長くなるので、快適性を重視した店舗デザインにします。
快適さや安全性を考えた店舗デザインは、リピート率の向上にも繋がることが期待できます。
アパレルでは、通路を迷路のようにし、探している商品に辿りつくまでに、様々な商品を見ることができる店舗デザインにしましょう。
目当ての商品を探す途中に、おもしろそうなPOPを貼ると、楽しくなり、目当ての商品以外の商品を手に取ってしまうのではないでしょうか。
できる限り、店内を回ってもらうための店舗デザインにすることで、滞在時間が増え、買い物量が増えます。
滞在時間を増やし、商品を手に取りたくなる状況や、快適さを感じることができる空間を店舗デザインで実現しましょう。

滞在時間を増やす店舗デザイン

CONTENTS