ABOUT US

AWARDS

PUBLICATION

CONTACT

WORKS

TOP

入店しやすい店舗とは

店舗を選ぶ際に、入店しやすい店舗と入店しにくい店舗を感じたことがあるのではないでしょうか。
店舗を長く経営していく上で、最も大切なことは一人でも多くのお客様に足を運んでもらうことです。
そのためには、入店しやすい店舗デザインがポイントになります。
入店しやすい店舗には共通しているポイントがあるため、これから店舗デザインを検討している人はポイントをおさえておきましょう。
入店しやすい店舗の特徴は、店舗の入り口がわかりやすいことが挙げられます。
入店してみたいと思っていても、入り口がわからなければ帰ってしまう人も多いでしょう。
また、店舗の様子が外からでもわかると、営業中か、どんなお客様が来ているのか客層がわかるため、安心できます。
また、店内の雰囲気が明るく、清潔感のある店舗デザインも入店しやすいお店の特徴です。
雰囲気の暗いお店は、怪しい雰囲気を感じ、入店しにくいのではないでしょうか。
明るく清潔感のある店舗デザインは、夜でも天気が悪い日でも薄暗い印象を与えません。

入店しやすい店舗とは

入店しやすい店舗デザインにするための工夫

入店しやすい店舗デザインにするためには、工夫が必要です。
店舗デザインを考える際に、コンセプトを決め、商品の品揃えやレイアウトなどに時間をかけ、こだわるのではないでしょうか。
その中でも、店舗の顔となる入り口がポイントとなります。
入り口を工夫するだけで、お客様が受け取る印象が異なるでしょう。
また、外から店舗を見た際に、その店舗の全てが伝わるようにシンプルで一貫したメッセージを伝える工夫も大切です。
店舗内にいるスタッフと、外で入店するか迷っている人と目が合ってしまうと、入店しにくいと感じるのではないでしょうか。
スタッフが店内で待ち構えている店舗は入りにくいと感じることが多く、動いている店舗は入りやすいと感じるでしょう。
そのため、お客様が安心感を得ることができるように従業員の動線にも工夫しなければなりません。

入店しやすい店舗デザインにするための工夫

CONTENTS