ABOUT US

AWARDS

PUBLICATION

CONTACT

WORKS

TOP

現代のビジネス空間は、時代を反映して様々な機能と付加価値が求められています。
しかし、いつの世にも変わらないのは、ビジネス空間とは人間同士のエネルギーが作用し合い、さらに大きなシナジー効果を生む場であるという事実でしょう。
商業店舗や各種施設など、たくさんのコミュニケーションの現場となる空間デザインは、機能性、安全性、快適性といった、「人ありき」の要素の集合体として成り立っています。
特に、集客が大きな目的である店舗空間のデザインは、どんなに洗練され、先進化しようとも、働くスタッフや来店客にとって居心地が良く、動線ストレスのない造りであるべきです。
コンセプトイメージを具現化し、情報受発信の拠点となる店舗デザインは、経験豊かなプロフェッショナルとタッグを組むことで実現します。

視認性の高いデザインとは目で見たときにわかりやすいデザインを指します。主に看板に対して用いられる言葉ですが、アパレル店舗は店が看板となるため、店舗デザインの視認性も求められます。

店舗デザインをする前に、お店のコンセプトを決める必要があります。コンセプトは、店側が顧客に提供する価値を示したものであり、指標になるべきものですから、適当に決めることはできません。

集客できる店舗デザイン多くはターゲットを明確にしています。オーナーの理想の店舗デザインでも良いですが、ターゲットの趣味嗜好に合わなければ自己満足に終わってしまうこともあります。

店舗デザインをする時には多少費用が、かかってもデザイナーに依頼をするのが一番確実な方法となります。見た目が優れている店舗と売上が良い店舗というのは違うものです。

店舗のデザインを考えるときには、どんなデザインにするのかを考えるようにしなくてはなりません。どんな業種にも言えることとしては、清潔感があるかどうかというのがポイントになるでしょう。

店舗デザインの流れとしてはまず立地は予算や同業種の競合状態を調べた上で土地を探し決定します。敷地の状況に従って打ち合わせを行った上で計画を進めて行きます。

店舗デザインの中でも特に店舗ドアのデザインは重要です。周囲の景観に程よくなじむデザインの店舗ドアを考えることは、店舗コンセプトを正しく伝え、集客力アップに貢献します。

時代に合わせた店舗デザインは、価格に頼らず成功する上で重要です。設計士は各々で得意なジャンルが異なるので、過去の実績からイメージに合う店舗デザインが可能かどうか検討しましょう。

環境に配慮した店舗デザインは顧客や地域との絆を強め、社会貢献ができます。設計段階で、建築材料の選定やエネルギー効率のよい機器を導入することなどで、地球に配慮したデザインとなります。

清潔感のあるオフィスデザインは、明るく白を基調とするのが定番のように思えますが、コーポレートカラーを取り入れたり、デザインの仕方で清潔感のあるオフィスができます。

スタイリッシュなオフィスデザインは信頼感、透明感の中に温かみのある印象を与えます。業種や企業によって、イメージやコンセプトは異なりますので、しっかりイメージを持つことは大切です。

オフィスデザインが作り出す雰囲気は従業員に大きく影響され、仕事の効率がアップします。コンセプトを考え、そのコンセプトにあったデザインには何が必要なのかを考えるようにしましょう。

オフィスやショールームのインテリアデザインは重要です。オフィスデザインによって社員のやる気が増減しますし、ショールームデザインで商品の売れ行きなども変わってきます。

IT企業によっては先進性を表現するようなオフィスデザインを採用していることもあります。業務効率のアップやレクリエーション重視などコンセプトを前面に打ち出す企業も多いです。

美容系サロンの店舗デザインは非常に重要ですし、内装やエントランスのデザイン一つで集客に大きく差がつくことがあります。ターゲットとコンセプトを明確にすることが大切です。

製薬会社のオフィスデザインに求められるのはクリーンなイメージを与えられるかということは大前提でほかにもいろいろと考えることがあります。依頼時には知識や技術、経験で判断しましょう。

化粧品会社のオフィスインテリアデザインに求められるのは美しさと優しさでしょうか。実際に業者へ依頼するときには知識と技術の高さはもちろん、過去の実績や対応力も重要なポイントです。

トレンドを提供しているアパレル企業だからこそオフィスデザインに対して並々ならぬこだわりがあります。クールなデザインを用いることでトレンドを意識しつつ、仕事も行いやすい場が作れます。

クリニックは生き残りをかけて必死ですが、オフィスデザインの良し悪しでも当然患者の数は変わってきます。清潔感のような当たり前のポイント以外にも重要になる部分はあります。

企業イメージをいかにして具現化するか、というのは難しいです。しっかりと自社の特徴を具現化したオフィスデザインを施すことによって、多数のメリットを享受できるでしょう。

健康産業のオフィスを考える場合、落ち着きのある雰囲気や信頼感があるようなデザインにしましょう。企業の成長性を感じられるような活気のあるデザインにすることも大切です。

最先端企業のオフィスモデルでは、企業が成長していくために人とのマネジメントを考えています。仕切りを作らないなどの戦略を取り入れて、積極的に仕事に打ち込めるようにしているのです。

Eコマース本部は、多くの情報が集約されてくる場所です。そのため、オフィスデザインを戦略的に考える必要があります。洗練された中にも信頼感があれば企業のブランド力も上がります。

コールセンターのオフィスでは、スタッフのモチベーションが上がるような作りのデザインにすると仕事も捗ります。そのため、会社の業務成績もアップしていくことが考えられます。

オフィスデザインを見直すことにより、仕事の効率を良くすることができます。オフィスで働いている人のことを考えて、デザインをしましょう。それによって仕事の効率が向上するでしょう。

店舗デザイン次第で、高級感を演出することができるため、その際には非日常的な雰囲気を用いることもとても大切です。デザインによって店舗のイメージを作り上げることが可能です。

近未来的デザインは住宅だけではなく、オフィスなどにも多く取り入れられています。洗練されたシンプルなデザインで、色も統一されているデザインが殆どで、開放感なども重視されています。

店舗デザインをきちんと施すことで効果をアップさせることができます。流行りを追いかけるのではなく、しっかりとしたリサーチに基づいた戦略を練ることも女性からの支持アップに繋がります。

店舗デザインのブランディングは、見た目が良くなるだけでなく、SNSにアップなど、宣伝効果が生まれます。ターゲットの年代を絞る事でマーケティング戦略も強化もできます。

店舗デザインをする場合、そのお店がどんな場所にあるかはプランニングの大きなポイントです。人通りの多い街であれば、多くの人の目に留まるガラス張りのデザインがおすすめです。

店舗デザインは、集客をする上で欠かすことができません。集客はサイトやSNSなどの広告活動も大切ですが、通りがかったお客様も思わず足を止めて入店したくなる店舗デザインにしましょう。

新しく店舗を出す時は、導線を考えた店舗デザインにすることが集客率のアップにも繋がりとても重要です。店舗デザインは、チャンスロスが出ないように工夫する必要があります。

お客様のお店の滞在時間は、売り上げに比例すると言われています。そのため、お客様の滞在時間が長くなるような店舗デザインにすることで、売り上げを伸ばす大切なポイントです。

店舗デザインはデザインと機能性のバランスが大切です。機能性とデザインのバランスを考慮した店舗デザインは、店舗の空間の広さ、動線、照明など様々なことが計算されています。

店舗を長く経営していく上で、最も大切なことは一人でも多くのお客様に足を運んでもらうことではないでしょうか。入店しやすい店舗デザインには共通している特徴があります。

店舗デザインをする上でのポイントは様々ありますが、その中のひとつに配色があります。店舗内のイメージとなる色の組み合わせが重要です。配色が入店数や購買意欲などに大きく関係します。